IQOS/禁煙/節煙

Vape Expo Japan 2019に参加してきました。vaperだけでなくIQOS使いも参加して欲しいイベントです

投稿日:

おっさんです。

相変わらずIQOSメインでプルームテックと交互に使うという喫煙スタイルですが、vapeもたまに吸っています、以前はビルドするほどvapeに傾倒していましたが、アトマイザーの洗浄やコットン通しよりIQOSクリーニングの方が楽という結論に至りました。

しかし最近の主流であるPOD型vapeは非常に扱いが楽で時々使っています。

IQOSを始め加熱式タバコはある程度知名度を得ていますが、vapeも参加なようで日本における最大のイベント、vape Expo 2019が幕張メッセで行われています。

なんせおっさんの自宅からメッセまでタイミングが合えば30分で行けるので初日の今日、行ってきました。ソニックシティ開催だったら相当悩んで不参加でしたね。だって大宮って結構都内から時間かかるし。

 

 

Sponsored Link

vape Expoとはどんなイベント?

vape Expoという大きなイベントは昨年の大阪会場から始まりました。2018年はインテックス大阪という結構な大箱を借りて3日間開催されていました。

詳しくはvape Expoのサイトに昨年のレポートがあります。

vape Expo 2018

電子タバコ展であるこのイベントはまさしく電子タバコデバイス、リキッド、加熱式タバコ等が展示・販売されています。当ブログでも紹介した事がある国内や海外メーカーがたくさんブースを出しています。

また有名ブロガーやYouTuberの方も積極的に参加されているので、そちらも楽しみな方も多いと思います。

昨年はインテックス大阪で行われたvape Expoですが、好評だったのか今年は更に大きな箱である、幕張メッセで開催されるとになりました。

このインテックス大阪や幕張メッセっておっさん的には初音ミクさんのマジカルミライでお馴染みの会場でして、このライブに参加しているおかげで幕張メッセはサクサク動けます。

vaperと名乗る程のもんでもありませんが、IQOS互換機もたくさん出品されているようです。なんとなくオラついた陽キャがたくさんきそうなイベントなので、モクログのげんちゃんさんに打診するも調整がつかず、ぼっちで参加してきました。

どっちみちおっさんは顔出ししていないので、誰に差される事もありませんし、気楽に参加してきたのですが、2人だとバンバン聞けたりするし案外押し売りに弱く、買わされたら難儀やなあとか思いながら一路幕張メッセへと行ってきました。

 

 

スポンサードリンク

Vape Expo 2019の参加方法

Vape Expo 2019は幕張メッセの国際展示場の第4ホールで行われます。ここでは毎年9月にマジカルミライでミクさんグッズで散財している聖地であります。

Vape Expo 2019の参加方法は簡単でVape Expoの公式サイトから申し込みます。

上記リンクページのQRコードを読み込み、参加URLで必要事項を記入するとバッジというQRコードが発行されます。参加は無料。

どうやって収益化させているのか、メッセを3デイス借りているのか、謎ですが参加するとまあまあ大体のところは、まあ察しがつきます。

幕張メッセ国際展示場までのルートです。

 

 

京葉線海浜幕張を下車して幕張メッセ方面に出ます。出るとすぐにメッセはこちらみたいな案内が出ています。

このゲートを通ると分岐が現れますが、海浜幕張からだと左に曲がります。

右に行っても最終的には第4ホールに出ることが出来ますが、結構距離があるので注意です。

道なりにエスカレーターを下りて、向かいにそびえるのが幕張メッセです。

びっくりするくらい無機質ですが、実際海浜幕張周辺はハコニワ感しかありません。神室町の方が生活感があるレベルですが、この画像の階段を登って右にある施設が幕張メッセ、国際展示場1~8ホール。

反対の展示場では建築・測量向上展示が行われていて間違えると場違い感半端ありません。階段を登るとVape Expoのプラカードを、持ったお姉さんが立っているので非常に分かりやすいです。

 

 

Vape Expo 2019会場内の様子

幕張メッセ国際展示場第4ホールはエントランスを入ってすぐのところにあります。

真向かいが喫煙所なので紙巻きタバコ、加熱式タバコ、ニコチンリキッド主体の方はここでニコチンを充電しておきましょう。

入ると基本的に持ち込みリキッドは吸えません(詳細は未確認)。会場内はニコチンの使用禁止っぽいのでIQOS互換機は、一旦会場から出てお試しします。出展ブースのリキッドはブース内の衝立やカーテンの中で吸えるというガバガバぶりですが、もちろんノンニコです。

幕張メッセの利用規約でこうなっている感じです。本番なしのギリギリをせめてくる風俗店みたいですが、一々出るのが面倒な方はニコチンチャージしておいた方が無難です。

平日の昼間だった事もあって場内はガラガラでした。

こちらでは各出展者が決まった時間でデバイスをPRしていました。

出展割合はIQOS互換機が一番多く、全体の半分から半分以上でPOD型vapeがついで多く、リキッドが展示されている感じでしたね。ゴリゴリのハイエンドMODを求めている方には少々不満があるかもしれません。

IQOSをはじめ加熱式タバコも間もなく値上げ!値上げ対策に超簡単vape、JUSTFOG【MINIFIT】で本数節約しよう

おっさんです。 世に節煙/減煙を促す記事はたくさんありますがいわゆるvapeと呼ばれる電子タバコは追求するとお高いアトマイザーやコイルを自作するビルドに流れていく様になってしまいます。この辺りは、吸い ...

続きを見る

出展の大半を締めている中国や韓国のメーカーはほとんどがPOD型推しです。

何社かからうちのIQOS互換機を試して欲しいとメールで言われていたのでそのブースにはお邪魔してきました。

アイアンマンというIQOS互換機ですが、最近のIQOS互換機は癖がなく吸えますね。以前の様なゴム臭さや油臭さがありません。こちらは最大4分ヒートスティックを吸うことが出来ます。

温度調整は低温と高温の二段階。またタッチパネル搭載機もあってそちらは三段階の温度調整が可能な様です。

ヒートスティックは出展側が用意してくれているので好きなフレーバーを言えば互換機をお試し出来ます。

会場内のエスカレーターを降りてブースと逆方向に喫煙所があって、一々ホールアウト、ホールインをする必要がなくややストレスフリーになっています。

日本でお馴染みのHiLIQも出展しています。

キティーさんやスーザンさんがいるかは不明ですが。中国メーカーのブースには通訳出来る人がいますのでガシガシ質問しても不安はありません。

 

 

 

Vape Expo 2019に参加した感想

Vape Expoというものの多くがIQOS互換機の出展なので、IQOSオーナーも参加すると非常に有用だと思います。IQOSヒートスティックとgloのネオスティックが吸える互換機、AOKEYもPRを見て5名に方にプレゼントとかしていましたし、その他ブースで買うとおまけが結構頂ける様です。

かなりお得なので参加してみましょう。また謎のヒートスティック互換タバコまで販売されていました。これは専用デバイスで吸うほうが美味しいらしく、いわばPULZEのIDみたいな互換タバコです。

マイブルーのインペリアルタバコ、デバイス【PULZE(パルズ)】と専用タバコ【iD】で加熱式タバコ参入!5/6福岡から開始!

おっさんです。 かねてから2019年は新規加熱式タバコの参入があると言われていましたが遂に本格的に情報が出ました。 昨年ニコチンレスな電子タバコ、マイブルーを販売したインペリアルタバコが加熱式タバコに ...

続きを見る

互換タバコは3ブースくらいで発売されていましたが、これって認可が下りるのでしょうか?

Vape Expoですがかなりの数のIQOS互換機を試す事が出来ます。

有名所のELeafやジョイテックも出展を確認しています。

また海浜幕張周辺でお腹が吸いたら迷いなく駅前のブレナスにある舎鈴のつけ麺を食べましょう。

明日から週末体制でVape Expo 2019も混雑が予想されますが、5/25まで幕張メッセ国際展示場第4で開催されています。

興味ある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?Twitterの評判を見て参加を決めてもいいですが大半のツイートの気分にはなると思います。

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。

関連コンテンツ

人気記事
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たつ

PC、スマホ、ネットが好きな大阪生まれ大阪育ち 生粋の大阪人でも今千葉県民 PC、スマホ、ネットのトラブルや利便性を個人で追求し続ける変態 現在vitaでのっそりGOD EATER2をプレイ中なプチ社畜

-IQOS/禁煙/節煙
-, , , , , ,

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2019 All Rights Reserved.