IQOS/禁煙/節煙 加熱式タバコ/禁煙/節煙

プルームテックキャンペーンの新バッテリーが到着!なぜJTはバッテリーを交換することになったのか

投稿日:

おっさんです。

ちょっと油断出来るほどの雨の降り方です。関東は明日が山場だそうで、連日仕事時間を増していたおっさんにはいい息抜きになりました。

さて以前告知されていたJTの加熱式タバコプルームテックが長期オーナー相手に新しいバッテリーに交換するキャンペーンのバッテリーが昨日おっさんのとこにも2台分届きました。

プルームテックと言えば今年はじめもお知らせ機能を強化したバッテリーもモニターで10000名にプレゼントしています。

 

今回のプルームテックのバッテリー交換は上記と少し趣きが違っています。送られてきたメールには一部オーナーに長く愛用してもらいたい的なことが書かれていましたが交換対象者は最近買った方も含まれていました。

 

スポンサードリンク

 

この記事の目次

プルームテックのキャンペーンのバッテリーが到着

 

 

突如舞い込んだプルームテックのバッテリーを新しいものに交換しますよって言うキャンペーンが8月初頭にオーナー向けメルマガで発信されました。

 

JTがプルームテックのバッテリー無償交換!プルテク互換一式+手帳型ケースを1名様にプレゼント

おっさんです。 昨日浴衣のギャルに満面の笑顔で仕事中接されました。もう気分は吉田拓郎×3みたいな勢いです。 さて全国的に待機プルームテッカーがたくさんおられます。横浜市の待機児童よりも深刻な状態になっ ...

続きを見る

 

 JTでは、正常な使用状態で保証期間内に製品が故障した場合には、保証書の定めに従いプルーム・テックの無償交換を実施しております。
現在、品薄状態に伴い、保証期間外に再度購入をご希望される場合でも新たにプルームテックをご購入いただきにくい状況が続いております。
つきましては、プルーム・テックをご使用いただいているすべてのお客様に、末永くご愛顧いただきたく、
期間限定で通常の製品保証をより強化するキャンペーンを実施いたします。

出典:https://www.ploom.jp/tech/lp/20170804.html -プルームテック公式-

 

これがプルームテックバッテリー交換案内のメールの内容の一部ですが、今抽選販売しているプルームテックの数が少ないので交換や予備で購入検討する前に新しいバッテリー送るから応募や購入は控えてねって感じのメールです。

 

プルームテックの製品保証はデバイスをPloom公式に登録すると12ヶ月になりますが、この交換キャンペーンでは12ヶ月以上のプルームテックも交換出来ます。品薄なために新たな購入はお控えくださいなんですが、7月に買ったプルームテックも交換対象の様である型番のプルームテックバッテリーを交換回収しているようにも見えます。

そのバッテリーが昨日届いたので開封してみました。

 

 

いつも通り交換品は日本郵政の小包で到着します。だったらPloomオンラインショップも日本郵政を使えばいいのに何故かヤマト運輸です。まあ官製企業だから一社契約すると問題を指摘されやすいのかもしれません。

 

中身はこうなっています。

 

 

新しいプルームテックのバッテリーと交換の案内と返送キット。交換の案内の裏面には返送要領が記載してあります。

 

 

 

プルームテック製品を交換したことがある方なら分かりますが簡単な工作をしてバッテリーを包んで大封筒にいれる方式です。

 

新しいプルームテックバッテリーの箱は簡易化されていました。

 

 

転売する気等ないので化粧箱はすぐに捨てるんですが大仰な箱に入っているとゴミが増えるので助かります。

 

箱を開けていきます。

 

 

今回はマニュアルも添付されていません。既存オーナー用なのでこれで十分です。

新しいプルームテックバッテリーはこちらです。

 

 

多少ロゴの変化はありますが特になにか変わっているわけでもありません。返送するバッテリーとの比較は後ほど。

 

返送キットの組立ですが送るプルームテックバッテリーをプチプチに包みます。特にテープ貼って固定するようなことが書かれていないのでそのまま包むだけにしました。

 

 

厚紙を谷折りします。

 

 

この谷に先程のプチプチで包んだ返送するプルームテックバッテリーを入れます。

 

 

後は付属の箱に入れていけばOK。

 

 

 

これを返信用の大型封筒に入れて閉じれば完成です。

 

 

受け取り、返送はこれでOKなんですがこの新しいバッテリーは何が変わったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

消えたCEとゴミ箱☓マーキングと変わった新プルームテックバッテリーの型番

 

この新しいプルームテックバッテリーを差し上げますキャンペーンは不良の交換や新型に強制移行と言う意味合いはありません。しかし変わった部分の多少あります。機能に変更はなく外装にも大きな違いはありません。

 

 

右が返送用プルームテックバッテリーで左が今回送られてきたプルームテックバッテリーですがロゴのプルームテッ™の™が消えています。

 

 

1番の変更点がここで、型番が、

返送するプルームテックバッテリー M125

今回送られてきたバッテリー M125A7F

に変更旧型にあったCEマーキングとゴミ箱に☓マークのWEEE指令のマーキングが削除となっています。

ここに今回のバッテリー交換の鍵がありそうです

 

この変更以外に特に大きな変化はありません。早速使っていますが特にプルームテックの喫味が強くなったり軽く感じたりはありません。内部仕様の変更でもないので当然ですが。大きな変更と言えばマーキングが消えたことぐらいでA7FってファイナルファンタジータクティクスアドバンスのFFTAみたいなとこなんでしょうかねえ。誰がなんと言おうとFFTはPS1のが至高だと思っています。

 

スポンサードリンク

 

なぜJTはプルームテックのバッテリーを交換する必要があったのか?

 

なぜこの時期にJTはこのような大掛かりなプルームテックバッテリーの交換を施したのでしょうか?削除されたマーキングから考えてみます。

CEマーキングとは欧州で電子機器を流通させるのに必要なマーキングです。このCEマーキングを輸出国で取得して出荷しておくと欧州での安全手続きでの手間が省けたり、ルールを課す事によって企業間の競争が平等になると言った意味合いがありますが昨今ではCEマーキングは欧州に於ける信頼された規格となっています。スイスやトルコではこのマークの取得が必要になります。

 

CEマーク

 

次にゴミ箱に☓マークはWEEE指令と言うマークで欧州に於ける製品の廃棄に関わっています。見ての通りゴミ箱に廃棄出来ないと言う意味のマークですがこのマークのある製品は企業が回収・リサイクルすることが義務付けられています。スイス、ノルウェー、アイスランドはEUに加盟していないために別の厳格な安全基準が設けられています。

 

WEEE指令

 

以上の様に欧州向けの仕様変更があったのですが実はJTはプルームテックを2017/7/21からスイスでも販売されています。

 

JTI launches PLOOM TECH in Switzerland – its first launch

 

上記はJTインターナショナルの海外サイトですがスイスの1500店舗で販売が開始されていますがこれに関わる仕様変更だと見た方がいいですね。

どちらにせよ日本のエンドユーザーにはあまり関係ないのですが無償交換するところなにかEUの基準に満たない部分があったのかもしれません。元々単純な電子タバコバッテリーにプルームテックのロゴを入れて販売しているものですからここにきて大きな見直し、または日本には日本向けのバッテリー統一した可能性もあります。

 

ただのマークがを外した仕様変更を無償交換となるとサイレントリコール感がハンパないのですが全員が交換するわけでもなさそうなんですがその場合はどうするんでしょうね。

基本的には新しくなってラッキーくらいの気持ちでいいのですが、プルームテックはバッテリがー新しくなってもなにも変わらないのが残念なところです。

 

なおタバコは20歳から。マナーを守って禁煙/節煙を。


関連コンテンツ

人気記事

-IQOS/禁煙/節煙, 加熱式タバコ/禁煙/節煙

Copyright© おっさんの挑戦状 , 2017 All Rights Reserved.